最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

神社仏閣をめぐる「まいられぇ 岡山」シリーズ 倉敷七福神 毘沙門天本山・安養寺 編

                  20年3月25日 記

 

 最近?、「久々に…」っていう書き出しや「久々のシリーズもの」が多いのですが(笑)、今日も「久々のシリーズもの」で、‟神社仏閣をめぐる『まいられぇ 岡山』シリーズ”です。今日取り上げるのは先日ぶらりと訪れた、倉敷七福神 毘沙門天本山・安養寺(以下、安養寺)です。ここにくるのは3年ぶり2回目です。Kimg6569

    パンフレットの紹介によれば、安養寺の開山は奈良時代末期。かって備中福山には「浅原千坊」と呼ばれる仏教聖地があり、安養寺はその本坊として栄えたと伝えられています。南北朝時代の動乱期の福山合戦により浅原千坊はほとんど焼き払われましたが安養寺は難を逃れ、現Kimg6570 Kimg6538 在の場所に移ったそうです。また、この地は不老不死の妙薬を探索した徐福ゆかりの地として毘沙門天信仰があつく、その縁で毘沙門天を祀っているそうです。近年では花の寺としても知られ、約30種・2000株のアジサイをはじめ、四季折々の花が楽しめるそうです。

 この寺は多くの寺宝を有しており、木造毘沙門天立像や木造吉祥天立像、裏山の経塚から出土した瓦経や土製宝塔などは国指定重要文化財です。その他にも成願堂(いわゆる宝物殿)には平安・鎌倉時代の毘沙門天約40体や阿弥陀如来等を安置されていますし、巨大毘沙門天像を筆頭に七福神像が境内に祀られています。また、中四国一の大きさと言われる梵鐘や寺社地の天王池に浮かぶ浮御堂などがあり、とっても見ごたえのある面白い?お寺です。
 ロコはこの日、新型コロナウィルス感染症問題の一刻も早い収束を願ってお参りした次第?です。


 

仕切り直し…? ロコ、日本の灯台50選外&恋する灯台49選の「六島灯台」へ行く

                  20年3月13日 記

 

 前回のブログ記事の続きのような…? 

 出港直前で「六島」への渡航を断念してから1週間後、リベンジを誓っていた「六島」へ今度は渡ることができましKimg6461た。仕切り直しです。
 瀬戸内海の岡山県域に浮かぶ笠岡諸島の一つ、六島。ここは「灯台と水仙の島」として有名です。
 
 そう、灯台好きのロコは、久しぶりの灯台探訪がやっぱり我慢できなくて改めて1週間後に六島にわたりました。
 さすがに、灯台へと続く道中に植えられた約10万本の水仙の花時期はほとんど終わっていましたが、灯台がある高台の水仙はまだそこそこ花をつけていました。 Kimg6430
 六島灯台は岡山県最古の灯台で、岡山県最南端に位置する灯台です。白くこじんまりした灯台でさほど面白みのある形はしていませんが、ここからは瀬戸内海を一望できる素晴らしい風景が広がっています。また、六島沖は瀬戸内航路の本航路にもあたっているために、ひっきりなしに大型貨物船やタンカーが行き来しています。日本灯台50選ではありませんが、2019年現在で49か所認定されている『恋する灯台』に選ばれています。『恋する灯台』は、日本全国の灯台からロマンスの聖地にふさわしい灯台(灯台がある地域は「恋する灯台のまち」)として認定された灯台です。灯台の概要は次のとおりです。なお、内部の見学はできません。

    Kimg6427

   
灯  質  等明暗白光
 Iso W 6s
光達距離  14海里
塔  高  13メートル
灯  高  70メートル
初 点 灯  大正11年12月

 ちなみに、六島は横溝正史の推理小説「獄門島」のモデルとなった島です。島には「大石山」(標高185m)という海上からみると富士山のようなきれいな円錐形をした山があり、こちらは「しま山100選」に選ばれています。

よく考えると、気づいてよかった?!

                                                 20年3月7日 記

 

 先週のことになりますが、春めいた陽気に誘われて、以前から行きたいと思っていた笠岡諸島の六島をめざしました。
 六島は笠岡諸島の最南端で岡山県の最南端の島(有人島)です。六島には岡山県で一番最初に設置された白い灯台があり、島のシンボル的存在となっています。
 そう、灯台好きのロコが久々に灯台めぐりを計画したのです。灯台探訪が目的ですが、この灯台の周りには白い水仙が植えられていて、この水仙も有名です。「時期的にはちょっと遅いけれど、ひょっとしたらまだ観られるかも…」って皮算用を図っていたのですが・・・。

 ロコが出発港と考えていたの神島外港には30分ほど前に着き、港周辺を散歩し、待合室で島の観光パンフレットを見ながら散歩コースを考えます。第1の目標地点はもちろん青空に映える白い灯台と水仙です。
Kimg6362  あと8分ほどで六島行きの船が到着します。
 「えっと、切符は船中で買い、帰りの出船時刻は17時35分、到着は18時20分ね…」と、おさらいをしているときに初めて気づきました! 「えっ、あっ、帰り便はこの港には停まらない…!? 「と・ま・ら・な・い❗💦」 「ガ~ン・・😖」

 そうなのです。ロコが乗るのは出発港から2番目の港、ところが帰りは最終便のためか、この港には寄らず、出発港に直行なのです。

 ・・到着港からこの港までは到底歩ける距離ではありません😵。バスはあるかもしれませんがそれも不安です…。
 結局、渡航をあきらめました…(涙💧) 
大大失敗です❗💥

 でもでも、よく考える?と、もし気づかずにあのまま乗船していたら、帰りはどうなっていたことやら・・・😞
 それを考えると、直前でも気づいたことは良かった?のかもです(苦笑)。

ロコ、瀬戸内海国立公園の「王子が岳」を行く

                  20年3月3日 記


 先日、ロコの生まれた街にある「王子が岳」に10数年ぶり?に行ってきました。

 「王子が岳」は、日本で初めての国立公園・瀬戸内海国立公園に指定されている標高235mの山です。山頂からは、瀬戸大橋をはじめ、備讃瀬戸の景観を一望でき、遠く四国連山も視界におさめることができる風光明媚な場所です。また、山腹に沿って頂上付近まで続く遊歩道が整備されていて、春にはサクラやツツジなどが咲き誇る手頃なハイキングコースとして親しまれています。さらに切り立った崖の上にはパラグライダーの発着場があり、ここ王子が岳は全国でも屈指のパラグライダーフライト場としても有名です。

Kimg6377

 でも実は、ここは「山」そのものが面白いのです。
 とにかく、ユニークな形をした花崗岩の奇岩・巨岩がゴロゴロ転がっている山で、「にこにこ岩」「ひつじ岩」など名づけられた岩の間を巡るKimg6383遊歩道もあり、散策しながら珍しい形の岩を見つけて自分で勝手に名前を付けたり、いたるところに突き出ている岩に登って瀬戸内海の多島美を眺めたり、岩登りそのものに挑戦したりと、けっこう楽しめます。
 ロコが行った時は、あいにくの薄曇りで青い空と青い海という眺望とはなりませんでしたが、多くのカップルや家族づれが散策と奇岩・巨岩巡りを楽しんでました。ロコも久しぶりにKimg6381童心にかえって、年甲斐もなくお転婆娘?ぶりを発揮しちゃいました(笑)。


 なお、「王子が岳」の名前の由来は、唐琴の浦に住んでいた百済の王女が生んだ8人の王子が住んでいたからだといわれています。
 Kimg6384

「むかし,ここに王子がいました。王子は百済姫の子どもであるともいわれています。柴坂の王子,坂手の王子,筈割の王子,峰の王子,日の王子,錫投げ王子,谷の王子,瓶割王子の八人です。それでここを王子が岳とよぶようになったのです。」(山頂の案内板)
 ただ、それ以上の解説がなく、謎が多い?名前の由来です。たとえば、それぞれの王子の名前と王子が岳の関係は…?

 ‥ひょっとしたら、昔々、もっと昔、悪い魔女が現れて、王子一人ひとりに魔法を掛けて、一塊(ひとかたまり)の奇岩巨岩にしてしまったために、山中いたるところに奇岩巨石群(8体)がある山になってしまった…とか?!(爆)

*写真上中央は、王子が岳山頂付近から観る瀬戸内海。
 写真左上は通称「にこにこ岩」。同じく右上はロコが名付けた「ギザギザ💛岩」。
 写真左下は王子が岳に散らばる奇岩巨石群。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

OLブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31