最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マンホールのふた~その114「香川県・高松市と丸亀市のマンホールカード」 | トップページ | 11月最後の日の満月 »

3密を避け、独り山城跡を行く PartⅡその ③「備前国・乙子城」編

                     20年11月26日 記

 

 「乙子(おとご)城」。名前は聞いたことがある城(跡)なので、近くに来た縁(便)で訪れた次第です。ただっていうか、ちなみに、この城は先日(23日付ロコブログで)取り上げた「亀山城」の主・宇喜多直家の出世城と言われている由緒ある?お城(跡)です。
 形態は、「連郭式山城(丘城)」となっていますが、河口に突き出していた丘陵に築かれていて、3方は河口に取り囲まれていた川(口)城?のようです。

Kimg8391


 岡山市南東部の吉井川河口にある標高48m程度の丘陵に位置する。この地に城が構えられていた時代は、丘陵は河口に突き出していた。その丘陵に連郭式に曲輪が構えられていた。
 戦国時代に備前国に覇を唱えた浦上宗景が、児島湾への睨みを利かせる為に構えたが、築城年については不明である。宇喜多直家が天文13年(1544年)、備前の守護大名赤松晴政との合戦に初陣し武功をたて、宗景より最初に任された城であると伝えられており、宇喜多直家出世の城(国盗り始まりの城)といわれる。 


 山(丘陵)はひょうたん型で、西側が高く主郭(写真右)となり、東側の乙子大明神のある所が二郭とされています。指定史跡にもなっていないせいKimg8381 Kimg8382 か?、主郭にある案内板も年月が経ち、文字も読みづらくなっています(写真左)。

 登城道はけっこう急坂ですが、山自体も低く、道も整備されているため容易です。曲輪や土塁(写真下左)以外にも堀切(写真下右)や竪堀らしき跡もみつけましたが、主郭部以外には案内看板もないためよくわかりません。

Kimg8387 Kimg8386

« マンホールのふた~その114「香川県・高松市と丸亀市のマンホールカード」 | トップページ | 11月最後の日の満月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マンホールのふた~その114「香川県・高松市と丸亀市のマンホールカード」 | トップページ | 11月最後の日の満月 »

OLブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31