最近のトラックバック

無料ブログはココログ

恋愛

熟女は素敵?!~熟女づくし

                  17年11月16日 記

 先日新聞を見ていたら、週刊ポストの新聞広告に目が留まりました。
 それは、“熟女”の年代的呼び名?定義?遍歴?。
フェロモン開花の“未熟女”、ムラムラ高まる“半熟女”、本能目覚める“生(き)熟女”、駆け込みセックス“本熟女”、モテ期到来“完熟女”、甘さ溢れる“追(つい)熟女”
美熟女さんは3年ごとに新たなエロさを蓄える
 ・・って170604_022001ありました。
 “熟女”って定義は難しいと思うけれど、仮に、中年(以上)の熟年の女性ってことになると、40代ごろから50代前半の女性ってことになるのかしらね?!
 これでいうと、果たしてロコは?・・・
  “熟熟女”?!(笑)

変わらないもの! 変わるはずのないもの?

                  17年8月6日 記

 今日6日は広島に原爆が落とされた日。
 黙祷・・・

 世界中の核兵器の即時廃絶を!
 それとは別に… 

 

 
 空の色はちっとも変っていません。花の色もちっとも変っていません。
 思い出の色もちっとも変っていません。
 そして、私のあなたへの愛もちっとも変わることがありません。ちっとも変わるはずがありません。

 こんなセリフを言われてみたい今日この頃です。

沈まない縁占い用和紙の行く末は…?~島根・八重垣神社のスピリチュアル

                  16年1月19日 記

 T鶴ちゃんとの旅行では、島根県松江市を中心に松江城や清水寺などの観光地、寺社仏閣を回りました。

 今日は、その一つ、『八重垣神社』です。
 八重垣神社は“知る人ぞ知る”恋愛スポットとして人気のある神社です。

 この神社の拝殿の左にある門をくぐって奥に進むと、高い木々に囲まれ、木の根がの目のように地面をはう「佐久佐女の森」にたどり着きます。厳かな雰囲気に包まれたこの森は、まさに「八岐大蛇(やまたのおろち)」神話の現場なのです。素盞鳴尊(すさのをのみこと)が稲田姫(いなたひめ)を大蛇からかくまった場所で、八重垣を造った大杉の跡が今も残っています。
 そしてもう一つ、この森の神秘性を高めているのが「鏡の池」です。大蛇から避難していた稲田姫命が日々の飲み水とし、また姿を写す鏡としていたという言い伝えがあり、「姿見の池」ともいわれています。

 ここでは、占い用和紙に硬貨を載せて池に浮かべる良縁占いができます。和紙の沈む速さ160117_1030020001で良縁の訪れが早いか遅い160117_1025010001_2
かが分かり、また和紙が近くで沈めば身近な人と、遠くなら遠方の人と結ばれるとされています。
 占い方法は、まず、社務所に置いてある占い用和紙を取ります(納付金?1枚100円です)。それを持って鏡の池に行き、占い紙を静かに池に浮かべます。そのあとに、占い紙のほぼ中央にある赤い印のところに硬貨をそっと載せます。載せる硬貨は10円か100円玉と書いてあります。
 ちなみに、占い紙にはそれぞれメッセージ(おみくじの言葉)?書いてあり、水に浸かるとその言葉が浮かび上がってきます。

 やっぱり、ロコたちもやりました()。
 T鶴ちゃんは100円硬貨を載せ、3分くらいで近くに沈みました。ロコは、10円硬貨を載せ、160117_10260200014分くらいで近くに沈みまし160117_102901
 「この1分の差は、絶対に100円と10円の違い」とロコは思いましたが(笑)、二人とも思ったより早く沈んだので、素直に喜びました()。

 で、「ホッ」として余裕?ができたのか、鏡の池をじっくり見ると、ほとんどが近くに沈んでいました。

 同時に、浮かんだまま沈みそうもない占い紙もいくつか見つけました
 どの占い紙も硬貨が載っていませんでした。載せるときにうまくいかなかったのか、紙が破れ160117_1031010001て硬貨だけ沈んだのかはわ160117_1030010001_2
からないけれど、なんだか急に切なくなりました()。
 「この紙の占い主は、どうしたのだろうか?」。硬貨が載っていないため、沈みそうもない占い紙。「一生縁がないと、いたたまれなくなってこの場から立ち去り、どこかで泣いてるかもしれない・・・。」

 実際、沈まない縁占い用和紙の行く末が妙に気になり、仕方ありませんでした…()。 

『春夏秋冬』・・でも、折れた心は戻らず

                   15年11月14日 記


 ・・
 全ての季節 お前とずっと居たいよ
 春夏秋冬

 今年の春はどこに行こうか?
 今年の夏はどこに行こうか?
 春の桜も夏の海も あなたと見たい あなたと居たい
 今年の秋はどこに行こうか?
 今年の冬はどこに行こうか?
 秋の紅葉も冬の雪も あなたと見たい あなたと居たい

 ・・・ 

http://www.uta-net.com/movie/83580/

 2009年にリリースされた今から6年前の名曲。
 先日、車のラジオから流れてきた『春夏秋冬』。

 ・・思わず涙が流れてきたけれど()、ただそれだけのこと・・・。

Img_20141121_220943_2
 折れたロコの心は元に戻らず・・・。

 今日、彼に別れのメールを送りました()。

「終り」を終り、「新たな始まり」を?!

                   15年10月11日 記


 「終りにしよう」って告白された先日のメール。
 恋愛は理屈ではないけれど、やっぱり、“納得”?っていうか、“自分自身への説明”?ができなくて、今日、直接 彼と対峙?しました・・・。

 “すれ違い”の増幅?。“合わせる”ことへの疲れ?。“少しだけ違うこと”の積み重ねとその増幅?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

151011_1151010001

 もう、なにがなんだかわからないけれど、とにかく、「終り」には納得ができなくて、「終り」を終り、新たな始まりを求めて〈泣き1回の延長戦〉入り?になりました・・・()。

 ・・なんで、こうなっちゃうんだろう・・・・・・・・・・・・・・()。

 ロコの方が“劣勢”だけれど、とりあえず、次のデート?は彼からの「連絡待ち」になりました。

 こんな自分が嫌になり、結局は“自爆”?じゃないかと思うけれど・・・・・・・・()。

 でもでも、“契約”っていうか、“約束”違反はやっぱり許せないロコなのであります()。

久しぶりの逢瀬

                   15年2月8日 記

 今日は午後過ぎから彼と逢瀬。

 約1ヶ月ぶりだったからとっても嬉しかったわ

 嬉しくて、まったり017した時間もそこそこにいっぱいことにゃんにゃんしちゃいました()。

 彼もロコもけっこう忙しくて、なかなかお休みが合わないけれど、その分、逢った時は激しく求めあってしまうの。
 で、今日も激しいにゃんにゃんの中、3回も逝っちゃいました)v


消えたお泊りエッチ!?

                   14年12月3日 記

 今日の夜遅く、彼からメールが入ってた…。

 

Img_20141121_220943

 寒いね。元気にしているかなぁ。とても申し訳ないのだけれど、5日(の泊まり)は“なし”にしてもらえないですか()。その日は1日中外回りで帰るのが遅いし、次の日は早出出張になっちゃんたんだ()。
 とても楽しみにしていたんだけれど…。ごめん

 ・・・っていうことで、5日に彼ん家にお泊りに行く予定だったのだけれど、中止になっちゃいました()。
 ロコもとっても残念です・・・

明け方にゃんにゃん

                   14年9月6・7日 記

明け方にゃんにゃん

 ・・彼との一夜。
 夜通したっぷり“にゃんにゃん”で目覚めた時にも二人そろって全裸のまま(笑)。

   っていうか、ロコは彼が乳首を愛撫してきたことで目が覚めたのだけれど。
   ・・次には、彼の手がロコの大事なところに伸びてきて・・・。
 
   で、今度はロコがお返し。
   彼の大事なモノで、ロコにとっても愛しいモノをお口に含んで愛撫。

   ・・うふっ、“明け方にゃんにゃん”しちゃいました(爆笑)。

彼の家にお泊まり

                     14年9月5日 記

彼の家にお泊まり

 うふふっ、、、実は今夜は彼のマンションにお泊まり。

   県内出張で帰りが遅くなるから直帰。
 で、明日は土曜日だから、思い切って彼に“お泊まり”をお願いしたら「大歓迎だよ♪」ってことで実現。彼のマンションに着いたのは、かなり夜遅くになっちゃったけれど、秋の夜は長い?から、たっぷりにゃんにゃん出来る(笑)。

   お酒を飲んで、一緒にお風呂に入って、お姫さま抱っこされて(最近体重が増えて重くなっちゃったから大変だろうけれど…(笑)。ごめんねf^_^;)ベッドルームへ。そこにはセミダブルベッドがあって・・・。

   「もう、想像」っていうか、「妄想」?!
   ・・じゃないのよね(笑)。

 これから起こる超近未来?のこと。

 じゃ、これから彼との楽しい一夜だから、今日のブログ(モブログ)はここまでね(爆笑)。

少しだけ告白!?

                  14年5月27日 記



 今日は定時で仕事を終えて、そのまま彼のマンションへ直行()。

 彼と会うのは2週間ぶりだったから、とっても嬉しかったの
 

 彼のために、夕食って言うか、お酒のあてを作って二人で食事。残念ながらロコは車だからお酒は飲めなかったけれど・・・()。

 
 ・・で、2週間ぶりのうえ、酔った彼にせがまれたものだから?(笑)、やっぱり、今日も体を許しち130622_135201130622_135202ゃいました)。
 いつものように感じまくったのだけれど、今日はそれに加えて、ちょっぴり?彼に告白、カミングアウト

 「あのね、、、実はロコ、乳首が感じるっていうか、強く弄られるとものすごく感じるの。転がすような愛撫よりも力を入れて捻ったりされる方が感じるの。だから、思い切り強く摘まんだり捻ったりして欲しいの 」って()。

 まだ、「“真性M女”なの」ってまでは言えなかったけれど、ちょっとずつでも彼に、「ロコの“性癖”を理解してくれて、虐めてくれたら…」なんて被虐の妄想に駆られた、今日は淫乱ロコなのであります()/。

より以前の記事一覧

OLブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31