最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行・地域

3密を避け、独り山城跡を行く PartⅡその ③「備前国・乙子城」編

                     20年11月26日 記

 

 「乙子(おとご)城」。名前は聞いたことがある城(跡)なので、近くに来た縁(便)で訪れた次第です。ただっていうか、ちなみに、この城は先日(23日付ロコブログで)取り上げた「亀山城」の主・宇喜多直家の出世城と言われている由緒ある?お城(跡)です。
 形態は、「連郭式山城(丘城)」となっていますが、河口に突き出していた丘陵に築かれていて、3方は河口に取り囲まれていた川(口)城?のようです。

Kimg8391


 岡山市南東部の吉井川河口にある標高48m程度の丘陵に位置する。この地に城が構えられていた時代は、丘陵は河口に突き出していた。その丘陵に連郭式に曲輪が構えられていた。
 戦国時代に備前国に覇を唱えた浦上宗景が、児島湾への睨みを利かせる為に構えたが、築城年については不明である。宇喜多直家が天文13年(1544年)、備前の守護大名赤松晴政との合戦に初陣し武功をたて、宗景より最初に任された城であると伝えられており、宇喜多直家出世の城(国盗り始まりの城)といわれる。 


 山(丘陵)はひょうたん型で、西側が高く主郭(写真右)となり、東側の乙子大明神のある所が二郭とされています。指定史跡にもなっていないせいKimg8381 Kimg8382 か?、主郭にある案内板も年月が経ち、文字も読みづらくなっています(写真左)。

 登城道はけっこう急坂ですが、山自体も低く、道も整備されているため容易です。曲輪や土塁(写真下左)以外にも堀切(写真下右)や竪堀らしき跡もみつけましたが、主郭部以外には案内看板もないためよくわかりません。

Kimg8387 Kimg8386

3密を避け、独り山城跡を行く PartⅡその ②「備前国・亀山城」編

                    20年11月23日 記

 

 亀山城は山城と言っても、別名「沼城」とも言われているように、実は、湿田の中に島状に並ぶ二つの丘陵に築造された連郭・輪郭式折衷の平山城で標高は30メートルほどです。宇喜多直家が永禄2(1559)年に主君浦上宗景よりこの城を賜り、新庄山城より移って以来天正元年(1573年)岡山城に移るまで、直家壮年時代の勢力拡大期の14年間活躍の拠点となった城跡で、城郭遺構が丘陵全体に残っています。切岸と西側の石積、本丸・二の丸の土塁などが確認できました。

Kimg8345 Kimg8356宇喜多直家の戦国大名としての成長期の居城で、城郭規模や内容由来が旧備前国内屈指のものとのことです。

 

 

 

岡山市沼にある。砂川の中流域に位置する小丘陵上に位置し、古代以来の吉備中枢地を形成した旭川下流域の平野と、刀剣で有名な長船や、県南部では最も著名な中世の市場である福岡市のある吉井川流域の平野との中間点であり、両地域を押さえる立地といえる。
 この城は、備前国東半を支配していた浦上宗景に従う有力国侍である中山信正の居城であった。後に信正は、宗景の家臣であった宇喜多直家によって謀殺され、直家の居城となった。直家はこの城を拠点として備前国西半の支配権を達成する。直家が岡山城へ移った後は、舎弟の浮田春家の居城となった。 城郭は、東西に並ぶ小丘陵上にあり、東側の丘陵上には本丸と二の丸、西側の丘陵上には西の丸がある。いずれも段整形された郭によって構成されている。岡山城本丸にあった大納戸櫓は、当城の天守閣を移築したとの伝承がある。

 高さ30メートルほどの平山城ですが、北側の山沿いを除き沼地だったことと、北側も最大10メートルの高さの切岸に囲まれていてかなり防御は堅固だったようです。
Kimg8355 Kimg8348  Kimg8353 正直、攻城は容易でしたが、"戦国の梟雄”と称される宇喜多直家飛躍の地としての城を攻城したことは灌漑深いことかもでっす!。

3密を避け、独り山城跡を行く PartⅡその ①「大廻り小廻り山城」編

                     20年11月20日 記

 

 コロナ感染症の拡大が止まらず、第3波到来と言われているもとで、私もいま県外に出るのを中止・中断しています。で、再び県内の山城めぐりです。今日からは、『3密を避け、独り山城跡を行く PartⅡ』編です。

 過日訪れたのは、岡山市にある大廻小廻山城跡です。この城は、神籠石系山城と呼ばれている古代の山城で国指定史跡になっています。神籠Kimg8330 Kimg8334 石式山城(こうごいししきやましろ)とは、白村江の戦いで唐、新羅連合軍に敗れた倭国が同盟国の百済の将軍の指導のもと築城された城郭で、『日本書紀』、『続日本紀』に記載がなく遺構でしか存在を確認できない山城で、九州と西日本に16ヶ所あるそうです。ちなみに、県内にある日本100名城の『鬼ノ城』も同じ神籠石系山城です。また、前述の文献に見える城は12ヶ所で、こちらは朝鮮式山城と呼ばれるそうです。

 

 

 

 


 大廻小廻山城跡は、基本的に山一つを防御施設としたもので、総延長約3.2kmの土塁、版築と呼ばれる工法で造られた壁で囲まれています。これまでに谷筋の3か所に、一の木戸のほか、二の木戸、三の木戸と呼ばれる水門跡の石塁が発見されていますが、現在は草木に覆われて一の木戸しか確認出来ません。

 

 ‥一の木戸の石塁はかすか?に山城跡を感じさせてくれますが、正直、「攻城」っていう高揚感はありませんでした…。
Kimg8339  Kimg8333   一の木戸からしばらく登っていくと、石積みが規則的?に並んだ二の木戸らしい跡を見つけましたが、案内板もないのでよくわかりません。なお、整備された?山道の行き止まり地点にはため池?がありましたが、湖面に映る景色が綺麗で思わず見とれてしまいました。

 

*写真一番上は一の木戸の水門跡。二つ目はは一の木戸の説明板
 上から三番目は二の木戸跡?。四番目は一の木戸の全体像
 写真一番下は山頂付近にあるため池

Kimg8338

 

 

村上海賊ゆかりの城part3~・城型資料館・「因島水軍城」で学ぶ

                     20年11月11日 記

 

 表題にもある通り、残念ながら因島水軍城はお城(跡)ではありません(笑)。「水軍城」と城らしい名前はついていますが、昭和58年に広島県尾道市の因島に築城された全国でもめずらしい城型資料館(城郭風建築物)です。南北朝時代から室町時代にかけて活躍した村上水軍の武具、遺品、古文書などの歴史資料を展示しています。

Kimg8183


 この地にある標高24mの丘は片苅山と呼ばれる山で、中世において入江の中にあった岬であり、頂上を本丸とする清原守高の居城・片苅城が置かれており、曲輪・石垣・屋敷跡などが現存しているもののそれ以上の詳細はわかっていない。現在因島水軍城がある地はその片苅城の家老が住んでいた地と伝えられている。現在この敷地は片苅山麓にあり因島村上氏の菩提寺である金蓮寺の境内にあたる。


 実は、天守のように見える?建物(一番上の写真の右側の建物と左の写真)は隅櫓で、その隣にある建物(写真左)が模造本丸(御殿)、写真では見えませんが模造本丸Kimg8191 (御殿)?の左側には二の丸(御殿)?が建てられています。隅櫓は因島水軍まつりの写真を展示、本丸は水軍資料館、二の丸は展示室(武者人形による戦法会議模様 が展示されています)&貸会議室として一般に公開されています。
 なお、水軍資料館には、因島村上氏6代当主村上新蔵人吉充が中国から持ち帰った釈迦の捏槃図や小早川隆景より拝領された甲冑など水軍ゆかりの品々が展示されています。Kimg8190
 
  ‥せっかちな私はここに来て、ここが本当の因島村上水軍のお城ではなく城型資料館であることを知ったのですが、能島の村上海賊博物館では知れなかった?、三島(能島・因島・来島)村上海賊(水軍)の旗印の違いがわかるな ど、それなりに楽しめました。

村上海賊ゆかりの城part2~石垣で囲まれた海城・甘崎城を望む

                      20年11月9日 記

 

 先日の続100名城の能島城攻城の際に、村上海賊のことをいろいろ学びました。そんな中で、瀬戸内の伊予や芸予海域には無数の村上海賊ゆかりの城や出丸があることを知りました。能島城攻城の帰り道に2つばかりゆかりの城に寄りましたが、今日はその一つで県指定史跡の「甘崎城」編です。

Kimg8179

 なお、能島城を便宜上?、part1とする関係で、甘崎城はpart2となります。悪しからず…。

 

 甘崎城は伊予大三島の東岸、甘崎集落の約130m沖に浮かぶ古城島を全面的に城塞化した海城です。村上水軍の拠点のひとつでしたが、豊臣秀吉が瀬戸内海の覇権を握ると藤堂高虎の属城となり、その従弟・良勝が城主となっています。1608年(慶長13年)の藤堂高虎の移封によって廃城となりました。
Kimg8178  島の上には大きく三段になった曲輪があります。中央部が一段低く、北の曲輪は南西隅がスロープになって虎口となります。城の回りは石垣で囲われていましたが、現在残っているのは南の石垣と西と東の列石の部分です。南の石垣は四段ほどが残り南隅は算木積みになっています。 西の列石は大きくコの字、さらに北東側へ二列の列石が続いています。 東の列石も大手とされる辺りがやや島に近くなり、南北に伸びています。

 

 この海(島)城の最大の特徴は、潮が引いたときにしか見られませんが、海中縄張りと呼ばれる石垣が島(城)をぐるりと取り巻いていたこと?です。これは満ち潮の時は海上からの敵の接近を阻み、引き潮の時には陸地からの敵の潜入を防ぐ役割を果たしていたものだと推測されます。Kimg8180
 陸繋島という地理上から潮が引くと年に何回か島に至るまでの陸路ができる(海割れ)そうです。私が訪れた時は引き潮の最中で南側の石垣の配列と隅の算木積みまでは何とか確認できましたが、歩いて渡ることはできそうにはありませんでした。それでも、島の回りに築かれていたれていた石垣が、潮が引くにつれて現れてくる珍しい光景(写真下参照)には出くわせました。元禄4年(1691年)にこの沖を航行したドイツ人医師エンゲルベルト・ケンペルは、帰国後に『日本誌』において、「水中よりそびゆる保塁あり」と記述を残したそうです。
 ‥残念ながら、今回は上陸(攻城)できませんでしたが、機会があれば、"海割れ”の日に再度挑戦してみたいと思う、海に浮かぶ城です。

 

ロコ、続日本100名城攻城~その37「 能島城」(愛媛県今治市)を行く

                    20年11月5日 記

 

 過日、大潮の引き潮時を狙って、続日本100名城の「能島城」(愛媛県今治市)に行ってきました。


Kimg8142_20201105160501


 能島城は100名城、続100名所の中で唯一の海城(島城)です。もっといえば、島(能島と鯛崎島)全体が城となっています。さらに、ここ能島の周りは、時に最大速度18m(10ノット)の潮流が流れ、ところどころには渦潮も見られる海運の難所です。
Kimg8136Kimg8156  こんな難所であり、難所であるがゆえに島を城にし、そこを拠点に海上交通を支配したのが俗に?いう村上海賊(村上水軍)です。そう、この城は三島(能島・因島・来島)村上海賊のうちの能島村上氏の居城なのです。Kimg8143

 定期航路があるわけではないので能島上陸はなかなか難しいのですが、今は土・日・祝日のみ能島上陸&潮流クルーズが運行されており、これを利用しての攻城となりました。余談ですが、私はどうせ上陸攻城するなら潮流の激しいときを体験したいとの思いから、大潮の引き潮時のクルーズ船を選びました。ちなみに、ほんとうにすごいです‼ 瀬戸内海なのに急流の川のように潮がながれていました…。

 

 能島城の沿革&データ

 伊予国の水軍村上義弘の子孫、義顕が応永26年(1419)に能島をそのまま利用して築いた海城。長男雅房が入城、以後能島村上水軍の本拠となり、天文24年(1555年)陶晴賢と毛利元就が戦った厳島合戦で、能島村上氏は毛利方につき勝利に貢献した。フロイスの『日本史』では日本最大の海賊と称されるほどの勢力を持っていたが、豊臣秀吉による四国征伐ではこれに従わず、小早川隆景の攻撃を受けて降伏、安芸国鎮海山城主となった。慶長5年(1600年)関ヶ原合戦で村上武吉の嫡男元吉は加藤嘉明の居城である伊予国松前城を攻めたが、三津刈屋口の戦いで敗れて討死した。その後、村上氏は毛利氏に従い防長二カ国へ移っている。

Kimg8150

 能島城は大島と鵜島との間に浮かぶ周囲約1km程の能島とその南にある鯛崎島で構成される。能島は逆三角形の形をした島で、その中心となる高台に本丸、それを取り囲むように二の丸、西の先端部に三の丸、南の南端部に東南出丸、東の先端部に矢櫃と呼ばれる曲輪があり、南の鯛崎島も鯛崎出丸となっている。 能島の周辺は潮の流れが速く複雑で自然の要害となっている。
 最大の見所は水軍城として活用された証拠でもあるピット(柱穴)跡で、これを見るためには干潮時に訪れなければならない。比較的簡単に確認できるのは北側に船溜まりの東側にあるピット跡で、丸や三角の穴が岩に刻まれている。現在船が着岸する所から南へ歩いた所には最大の穴と思われるピット跡がある。

 

3密を避け、独り山城跡を行く⑦~「岩屋城」編

                   20年11月2日(5月20日) 記

 

 ・・今年の5月20日付のブログ記事でしたが、忙しさのため、下書きのままアップするのを忘れていました💦
 一部修正のうえ、今日付でアップします。ごめんなさいですm(_ _)m。


  この日(5月5日)訪れたのは、県北・津山市中北上(旧・久米町)にあった山城の岩屋城です。標高483mの岩屋山の山頂に築かれた山城で、現在は県の指定史跡となっています。
Kimg6903 Kimg6914
 岩屋城は山名氏、赤松氏、浦上氏、尼子氏、宇喜多氏と美作の領主に支配された城です。織田信長の家臣である羽柴秀吉が中国攻めのために美作に侵攻すると、宇喜多直家は毛利氏を離反してと織田方についたため、毛利氏はこの城を攻めて落城させ、葛下城主・中村頼宗を城主に任じました。その後、毛利氏と織田氏が和睦をすると、美作は宇喜多氏に割譲されます。しかし頼宗は城を明け渡さなかったため、宇喜多氏は武力制圧を試みるも落とすことができず、足利義昭の調停によって開城することになりました。Kimg6909
 現在城址には遺構が良好に保存されており、巨大な畝状竪堀群や大堀切などが残っています。また周囲には1584年(天正12年)に宇喜多氏が攻撃した際の陣城群も確認できます。

 

概要
 美作と備前との国境付近の岩屋山の山頂に本丸を置き、本丸北側に崖となっている「落し雪隠」があり、その他3方向を曲輪で守備する天然の要害を利用した城である。
交通の要所に築かれていた為に幾度か各勢力の激しい争奪戦の舞台となっており、歴代城主によって12本の堅堀や20以上の郭が追加され、美作国内でも他に類を見ないほど大規模な防御機構を備えた山城となっており、 水の手も本丸近くより湧き出る竜神池から容易に確保できることから長期の籠城戦を度々経験している堅城である。

 

Kimg6917 Kimg6915 Kimg6913

ロコ、日本の灯台50選~「高根島灯台」を行く

                     20年11月1日 記

 

 今日のブログは、昨年10月以来、約1年1か月ぶり!!の「日本の灯台50選」シリーズです。前回も書きましたが、やっぱり“灯台”はどうしても辺鄙なところ?半島の先端とか絶海の孤島?とかにあるものだから、なかなか行けないのです・・・(苦笑)。

Kimg8120

 

 さて、日本灯台50選の内16か所目(たぶん?)は『高根島灯台』です。
 この灯台は、瀬戸内海芸予諸島に属する高根島北端の押寄鼻の崖上に立つ石造の灯台です。潮流の速い来島海峡を避けた中国地方の沿岸航路用に明治時代に建設された芸予諸島9灯台の一つです。

Kimg8118  Kimg8114 正直、「えっ、ちっちゃい!?」が最初に思った感想です。ホント、かわいらしい、ミニサイズの灯台です。
 昔は灯台の後ろに官宿舎?があり、灯台守さんもいたらしく、その建物跡が残っていました。ソーラーが付けられていたり、LED灯光にかえられていて?建物(石づくり)は古いですが、装備は最新式?みたいです。


<高根島灯台データ>
      初 点 灯    明治27年 5月 15日
  灯質(光り方) 等明暗白光    明4秒暗4秒
  光達距離     8海里(約15Km)
  高  さ     4.5m(海面から灯火までは45m)

ロコ、続日本100名城攻城~その36「 福井城」(福井県福井市)を行く

                     20年10月17日 記

 

 今回の北陸福井攻城の出陣の最後は続100名城の福井城です。

Kimg7925


 福井市が県庁所在地のためか?、福井城の本丸跡には現在の県庁や県庁分庁舎、県警本部などが立ち並んでいます。まっ、現代の天守?と言えば言えなくもありませんが、"いと憐れ”なりでしょうか(笑)。
 ただし、この福井城、平城ということもあってか、水を湛えた石垣づくりの巨大な内堀や櫓台、天守台など、壮大なスケールを感じさせるお城です。この福井城の堀とその堀に浮かぶ壮大な石垣の様は、私には広島城と似た雰囲気が感じられました(なお広島城には再建天守があります)。また、内堀にかかる屋根付きの御廊下橋とそれに続く枡形の山里口御門と櫓が再建されていて、この辺りの雰囲気は当時をしのばせて趣があります。
Kimg8049 Kimg8057

 福井城は「関ケ原の戦い」後に、徳川家康の次男である結城秀康によって築かれた城です。天下普請によって築城されました。本丸、二の丸は家康自ら縄張りを行ったという説もあります。幕末の名君、松平春嶽の居城としても有名です。
 内堀、石垣、天守台などの遺構が残り、石垣は切込接ぎの布積みで積まれているため、大変美しいです。天守台のそばには「福井」の語源由来となったといわれる「福の井」という井戸が残っています。また本丸御殿の一部は第5代、第7代藩主を務めた昌親(吉品)とその母親の高照院の墓所である瑞源寺の本堂および書院として移築されています。天守は現存していませんが、築城当時は高さ37m・四層五重の雄大な天守だったそうです。

 

Kimg8054

ロコ、続日本100名城攻城~その35「 越前大野城」(福井県大野市)を行く

                       20年10月16日 記

 

 石川県の鳥越城から再び福井県に戻って、一向一揆つながりでもある続100名城の「越前大野城」の攻城です。
 越前大野城は、竹田城(兵庫県)、備中松山城(岡山県)と並んで、日本の‟天空の城”3城の1つに挙げられています。
Kimg8012 Kimg8006

 

 

 

 

 

 

 天正3年(1575)、織田信長は一向一揆が支配していた大野郡を金森長近と原政茂の両名に平定させ、大野郡の3分の2を長近に、3分の1を政茂に与えたといわれています。長近は程なく亀山に平山城の城郭と、その東麓に大野が北陸の小京都と呼ばれる所以となる、短冊状の城下町を造り始めました。
 長近は天正14年(1586)に飛騨高山に転封となり、その後は城主がたびたび交代しました。江戸初期には松平氏、天和2年(1682)には、利房が入封するにいたり、廃藩まで土井氏が城主を務めました。
 当時の大野城は、本丸に望楼付き2層3階の大天守と2層2階の小天守・天狗櫓などを置き、麓に二の丸、三の丸があり、二重の堀と川をつないで城を守っていました。石垣は野面積みで積まれています

 

 小高い丘のような亀山に作られた平山城ですが、盆地にあるためか年間10日ほどですが雲海に浮かぶ大野城が現れるそうです。なお、再建Kimg8011 Kimg8091 天守は残念ながら復元天守ではなく復興天守ですが、見事な野面積の石垣のKimg8005 上に立つ姿はやっぱり勇壮な趣があります。

 大野城築城440年記念ってことで、限定版の登城印を買いました。

より以前の記事一覧

OLブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31